会津木綿反物について

w.jpg

 

33B374F2-96D5-43C1-9506-517E6C740D2C.jpeg

 

2.jpg

令和2年8月

もう会津に二軒しか残らない会津木綿の織元さんである山田木綿さんを訪れ

反物をここ大阪で織元さんと同じ価格で販売させていただく事になりました。

#会津木綿 の特長は

●吸湿性のよさ ●保温性のよさ ●耐久性のよさです。

そのため、酷暑と極寒の時季以外の通年、

関西地方ですと8カ月~10カ月位の期間はご活用頂ける

正に #ふだん着物 に最適な木綿です。

 

#山田木綿織元 さんの反物は、

経糸に20番単糸

緯糸に16番単糸もしくは32番双糸のスラブ糸(節糸)で織られています。

 

近畿や尾張地方の木綿地に比べると、

太い緯糸使いで且つ凹凸感があるため、

空気層が厚く出来ることで

最初に上げた3つの特長を実現しています。

 

さらに #山田木綿織元 さんの魅力は

実直で質のよい物作りと粋な色柄と値頃感の塩梅が絶妙なところです!

この魅力はぜひご来店して実際に見て触れて実感頂きたいです。

現在、機元さんには注文多数でなかなか手に入らないお品物ばかりですが

順次注文しました反物が届いております。

 

着物にお仕立て希望の方には一級和裁師の先生による手縫いをご案内しております。

仕立ての良さを実感していただけます。